においの障害・嗅覚障害

嗅覚障害とは臭いを正確に感じられない、または全く臭いを感じられなかったり、
通常であれば気にならない程度の悪臭でも敏感に反応してしまう病気のことです。

嗅覚障害になると普段の生活に大きな支障をきたしてしまい、
快適な生活を送ることができなくなります。

そして、嗅覚障害は呼吸性嗅覚障害、末梢神経性嗅覚障害、中枢神経性嗅覚障害
の3つに分けることができます。

 

【 呼吸性嗅覚障害 】

呼吸性嗅覚障害は慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎といった鼻の病気が原因で
嗅粘膜に臭いの分子が届かなくなることで発症します。

全く臭いを感じることができなくなるといったことはほとんどなく、
症状が重くなるというケースは少ないです。

鼻の病気を抱えている人は呼吸性嗅覚障害になりやすいので
臭いに異常を感じた場合は早めに病院に行くようにしましょう。

 

【 末梢神経性嗅覚障害 】

末梢神経性嗅覚障害は嗅上皮の障害(嗅粘膜性嗅覚障害)や
嗅糸の障害(末梢神経性嗅覚障害)によって発症する嗅覚障害です。

嗅粘膜性嗅覚障害はインフルエンザや風邪などにかかった時に発症するケースが多く、
末梢神経性嗅覚障害は後頭部に大きなダメージを受けた場合に発症することが多いです。

 

【 中枢神経性嗅覚障害 】

中枢神経性嗅覚障害は頭部の外傷や、パーキンソン病・アルツハイマー病・脳腫瘍
といった病気によって発症します。発症する可能性は低いですが仮に発症すると
呼吸性嗅覚障害や末梢神経性嗅覚障害よりも症状が重いという特徴があります。

早期発見、早期治療が非常に重要になってくるので、例えば風邪をひいて治ったのにも
関わらず臭いの感じ方に異常を感じる場合は念のために専門医に相談された方が良いでしょう。

また、嗅覚障害を治すために安心できる病院を探したいという人は、
口コミや医師求人情報の耳鼻科の情報を確認してみてはいかがでしょうか?